20代前半からの婚活!

20代前半からの婚活

20代で結婚したい女子の婚活戦略


20代で花嫁になれるか意識している女性は沢山います。1歳2歳超えたから違いがある訳でもないのに30代未婚女性と言われると“売れ残り”感が出てしまうもの。結婚願望があるなら計画的に婚活したいですね。

実家や周りからプレッシャーがかかっていませんか?

お盆や年末に帰ると「結婚はまだ?」「付き合ってる人くらいいるんでしょう?」「孫が見たいわ」など親戚や親から言われたり同級生の相次ぐ結婚式でご祝儀貧乏に。早く結婚した同僚が幸せな家族を築いていく姿、つらいことがあった時に寂しさを感じる瞬間。いっそ私も早く結婚してしまいたい!花嫁姿を見せたい、みんなから祝福されたい!そう思うのは自然なことです。

特に結婚式を沢山見ると自分の式はチャペルなのかガーデンウェディングか、ウェディングドレスはAラインなのかマーメイドラインなのか、と夢も広がってくるものです。ウェディングドレスを選ぶ楽しみは女子の特権。肩を出せる年齢のうちに結婚相手を見つけなければいけません。

統計で見る男女の初婚年齢

親や親戚はともかく、まずは世間一般の平均初婚年齢を見てみましょう。平均初婚年齢とは独身の男女が初めて結婚した年齢のことで厚生労働省が「人口動態統計」でちゃんと調べているんですね。

1970年代、つまりあなたが産まれるちょっと前くらいの頃男性は26.9歳、女性は24.2歳でした。大分若いですね。これが直近2012年の調査ではどうなったか。なんと男性30.8歳、女性は28.2歳となっています。失われた20年、と言われる不況の影響かどんどん晩婚化が進んでいると言えるでしょう。

結婚を迫られたくない男性

男性の初婚年齢が30歳を軽々突破した一方で女性の方は2011年の29歳をピークに2012年は28.2歳に下がっています。30代というのは一つの区切りでそこまでに結婚したい女性が多いんですね。

「アラサーの女性だと責任を取って結婚しないといけないのでは」という意識は男性側も持っています。まだ結婚願望がないのに「結婚を前提にお付き合いを」と言われても困るということですね。男性は高齢出産への恐れもないのでのんきなのです。

そこで女性の基本戦略としては
1. ちゃんとお付き合いしてお互いの意思で結婚しますよ!とアピールする
2. 結婚から逆算して若いうちから婚活を始める
3. 最初からお互い「結婚相手を探しています」という場所で出会う
といった方法が考えられるでしょう。

女性モデル ウェディングバナー

 

未分類

この記事に関連する記事一覧