20代前半からの婚活!

20代前半からの婚活

交際期間から考える結婚方法


運命的な出会いをしてドラマチックな恋愛をし、幸せな家庭を気づく。夢がありますね。では実際に結婚できた人はどのような交際をしてきたか見てみましょう。

結婚するまで何人とお付き合いし何年かかったか

統計によると出会ってから結婚するまでの平均交際期間は4.3人。また結婚するまでに男女とも平均4-5人の交際経験、というのが一般的だそうです。

出会って、メッセージのやり取りをして、会う約束をして、デートを何回かしてみて、告白して、お付き合いをして。それでも結婚に至らずお別れしてしまう場合もあります。あっという間に半年、一年経ってしまいます。

もし今出会いがないのであれば、複数人と出会える機会が必要になってくると言えるでしょう。

国立社会保障・人口問題研究所が行った「第14回出生動向基本調査」によると出会ってから結婚するまでの平均交際期間は4.3年
リクルートのブライダル総研がまとめた調査結果によると、結婚までの交際相手の人数は、男性が平均5.0人、女性が平均4.5人だった。 また「恋人」と「結婚相手」の違いは、「犠牲を払ってでも関係を続ける」覚悟が生まれるかどうかにあるようだ。 調査は、20歳代と30歳代の未婚男女2000人と既婚(婚約中を含む)男女400人を対象に実施した。 既婚者に、何人目の交際相手と結婚したか(する予定か)尋ねたところ、男性の平均は4.96人、女性の平均は4.49人だった。2012/02/03

効率的に婚活しましょう

例えば幾つかの婚活サイトでは利用者の統計を出しています。例えば大手の一つでは結婚に至ったユーザーの交際期間2年、としています。先ほどの国の統計と異なるのはお互い婚活を意識したユーザー同士だから短くなると言えるでしょう。

また一人の方とお付き合いする前は複数人とやり取りできます。条件で検索して、気になる人とメッセージやりとりして軽く食事でもしてみる。それを複数の方と並行して行う。これが効率的に婚活をするコツです。

女性モデル ウェディングバナー

 

未分類

この記事に関連する記事一覧