20代前半からの婚活!

20代前半からの婚活

20代で結婚したい女子の婚活戦略


20代で花嫁になれるか意識している女性は沢山います。1歳2歳超えたから違いがある訳でもないのに30代未婚女性と言われると“売れ残り”感が出てしまうもの。結婚願望があるなら計画的に婚活したいですね。

実家や周りからプレッシャーがかかっていませんか?

お盆や年末に帰ると「結婚はまだ?」「付き合ってる人くらいいるんでしょう?」「孫が見たいわ」など親戚や親から言われたり同級生の相次ぐ結婚式でご祝儀貧乏に。早く結婚した同僚が幸せな家族を築いていく姿、つらいことがあった時に寂しさを感じる瞬間。いっそ私も早く結婚してしまいたい!花嫁姿を見せたい、みんなから祝福されたい!そう思うのは自然なことです。

特に結婚式を沢山見ると自分の式はチャペルなのかガーデンウェディングか、ウェディングドレスはAラインなのかマーメイドラインなのか、と夢も広がってくるものです。ウェディングドレスを選ぶ楽しみは女子の特権。肩を出せる年齢のうちに結婚相手を見つけなければいけません。

統計で見る男女の初婚年齢

親や親戚はともかく、まずは世間一般の平均初婚年齢を見てみましょう。平均初婚年齢とは独身の男女が初めて結婚した年齢のことで厚生労働省が「人口動態統計」でちゃんと調べているんですね。

1970年代、つまりあなたが産まれるちょっと前くらいの頃男性は26.9歳、女性は24.2歳でした。大分若いですね。これが直近2012年の調査ではどうなったか。なんと男性30.8歳、女性は28.2歳となっています。失われた20年、と言われる不況の影響かどんどん晩婚化が進んでいると言えるでしょう。

結婚を迫られたくない男性

男性の初婚年齢が30歳を軽々突破した一方で女性の方は2011年の29歳をピークに2012年は28.2歳に下がっています。30代というのは一つの区切りでそこまでに結婚したい女性が多いんですね。

「アラサーの女性だと責任を取って結婚しないといけないのでは」という意識は男性側も持っています。まだ結婚願望がないのに「結婚を前提にお付き合いを」と言われても困るということですね。男性は高齢出産への恐れもないのでのんきなのです。

そこで女性の基本戦略としては
1. ちゃんとお付き合いしてお互いの意思で結婚しますよ!とアピールする
2. 結婚から逆算して若いうちから婚活を始める
3. 最初からお互い「結婚相手を探しています」という場所で出会う
といった方法が考えられるでしょう。

女性モデル ウェディングバナー

 

未分類

20代で結婚したい男性の婚活戦略


結婚願望はあるが周りに出会いがない、という貴方。周りが結婚していく中独り身は寂しいもの。自分がどんな女性と結婚できるのか、逆にどう見られるのかおさらいしてみましょう。

男性は年収で測られる!

結婚相手紹介サービス「ノッツェ」を運営する結婚情報センターの調査によると女性が結婚相手に希望する年収は680万でした。2010年国税庁「民間給与実態統計調査結果」によるとサラリーマンの平均年収は412万円ですので未婚の20代男性となると更に下がるはずで男女間のギャップが激しいことがわかります。

三高・3C・4低

婚活市場には年収や若さの相場があります。よく言われる結婚条件の三高は「高学歴」「高年収」「高身長」のこと。バブル崩壊後は3K、3Cということも言われるようになりました。

バブル崩壊後に言われるようになったのが3Kです。心理学者の小倉千加子氏は著書『結婚の条件』のなかで、女性が求める結婚条件は「三高」から「3C」に変化したと書いています。3Cとはcomfortable(快適な)・communicative(理解し合える)・cooperative(協調的な)のこと。快適とは具体的には快適な生活、つまり十分な給料。理解し合える、は生活レベルや文化レベルが同じかちょっと上、協調的とはつまり家事をすすんでやってくれることを期待されています。学者さんなのでちょっとわかりづらいですね。

最後にAXA生命が2012年に行った調査ではモテる条件は「4低」にあると言われました。
・低姿勢(家族に威張った態度をとらない)
・低依存(家事や子育てを妻にまかせっきりにしない)
・低リスク(リストラにあうリスクが少ない)
・低燃費(無駄なお金をつかわない)
不況が長引く中突然リストラに合わない、と言った安定性の魅力が上がっています。

20代前半の婚活は有利か不利か

20代前半の男性であれば将来給料があがるから今は低いんだ、と一緒に二人で頑張っていこうと開き直ってしまえばよいでしょう。その代わり、年収のある年上の男性との競争にさらされる点は不利になります。

一方20代後半になると会社の規模や出世具合で年収の伸びも見えてきて「高収入」と言いづらくなってきます。現実が見えてきた年上女性、あるいは正社員同士の共働きを考えるのも手です。

女性モデル ウェディングバナー

 

未分類

結婚相手を見つける場所3選


合コン・婚活パーティ・街コン

合コンは出会いの手段としては一番ポピュラーです。結婚式で「共通の友人の紹介で」という奴ですね。一方で恋人を探しているのか、遊びなのか真剣なのかわかりづらい分効率がよくありません。幹事を巻き込んで確実な相手を紹介してもらうなどの工夫が必要でしょう。

最近では婚活パーティや街コンも盛んに開催され自治体が支援するものもあるようになってきました。婚活パーティや街コンの良い所はズバリ「練習になる」ということです。

初対面の人と沢山会い中でカップルが生まれ、自分に人気があるのかないのか、どういう相手に好かれるのか、そういう客観的な情報が手に入ります。

例えば婚活パーティでは飲食やレクリエーションをしながら10人近くと数分ずつ話し、フリータイムを経て気になる相手の名前を書いて一致すればカップル成立、という流れが一般的です。一人と数分しか話せないので逆に自分の初対面の印象がどうなのか、よく質問されるのはなにかなど気軽に練習できます。

婚活パーティや街コンで物おじしないようになったら、本番である婚活サイトや結婚証解除で本気の婚活に進むとよいでしょう。

結婚紹介所

お見合いが廃れた後身柄のしっかりした相手を探すなら結婚紹介所という手段があります。高年収、医者、公務員、一部上場企業限定と言った「三高」男性を探すのに適しています。

一般的には月額費用または年会費を払ってプロフィールにもとづいてカウンセラーから月数人紹介される、という形式になります。男女とも高い費用を払っている分真剣な方が多いですし最近では親御さんが費用を出してくれる場合もあります。

婚活サイト

いやいやちゃんと恋愛結婚したいんだ、出会いがないだけなんだという方にはネット婚活がおすすめです。オーネットや楽天など上場企業が運営しているものも多くいわゆる「出会い系」と真剣な「婚活サイト」は別サービス。身分証を送る、Facebook連携を前提にするものなど身元を偽れない工夫がされています。

相手の年収や年齢、出身地や住んでいる地域など様々な条件で検索できメッセージ機能で平日もやりとりできるなど忙しい社会人の方は便利でしょう。

女性モデル ウェディングバナー

 

未分類

交際期間から考える結婚方法


運命的な出会いをしてドラマチックな恋愛をし、幸せな家庭を気づく。夢がありますね。では実際に結婚できた人はどのような交際をしてきたか見てみましょう。

結婚するまで何人とお付き合いし何年かかったか

統計によると出会ってから結婚するまでの平均交際期間は4.3人。また結婚するまでに男女とも平均4-5人の交際経験、というのが一般的だそうです。

出会って、メッセージのやり取りをして、会う約束をして、デートを何回かしてみて、告白して、お付き合いをして。それでも結婚に至らずお別れしてしまう場合もあります。あっという間に半年、一年経ってしまいます。

もし今出会いがないのであれば、複数人と出会える機会が必要になってくると言えるでしょう。

国立社会保障・人口問題研究所が行った「第14回出生動向基本調査」によると出会ってから結婚するまでの平均交際期間は4.3年
リクルートのブライダル総研がまとめた調査結果によると、結婚までの交際相手の人数は、男性が平均5.0人、女性が平均4.5人だった。 また「恋人」と「結婚相手」の違いは、「犠牲を払ってでも関係を続ける」覚悟が生まれるかどうかにあるようだ。 調査は、20歳代と30歳代の未婚男女2000人と既婚(婚約中を含む)男女400人を対象に実施した。 既婚者に、何人目の交際相手と結婚したか(する予定か)尋ねたところ、男性の平均は4.96人、女性の平均は4.49人だった。2012/02/03

効率的に婚活しましょう

例えば幾つかの婚活サイトでは利用者の統計を出しています。例えば大手の一つでは結婚に至ったユーザーの交際期間2年、としています。先ほどの国の統計と異なるのはお互い婚活を意識したユーザー同士だから短くなると言えるでしょう。

また一人の方とお付き合いする前は複数人とやり取りできます。条件で検索して、気になる人とメッセージやりとりして軽く食事でもしてみる。それを複数の方と並行して行う。これが効率的に婚活をするコツです。

女性モデル ウェディングバナー

 

未分類

子供を考えて30までに結婚するには


自分の年齢と相手との年齢差

若い時ほど年下は嫌、何歳離れていたら嫌、という方が多いようです。これは男女共に言えます。
学生時代は学内にしろバイト仲間にしろ出会う機会は限られています。
ですから年齢差がある恋愛が想像できないんですね。

男女の初婚年齢は

2010年に内閣府が発表した「子ども・子育て白書」によると日本人の平均初婚年齢は男性30.5歳、女性が28.8歳でした。
なんだかんだ年齢差は1〜2歳ということです。
30年前、1980年には男性27.8歳、女性25.2歳だったので特に女性の晩婚化が進んでいると言えます。

結局のところ相手の年収

結婚相手に求める年収はいくら位でしょうか?400万?500万?600万?
実際の所30代の独身男性で年収が600万円を超えている人は5%しかない、というデータがあります。
逆に言えば、年収600万円を超えている男性からどんどん埋まっていってしまいます。

婚活サイトでは年収で絞込できる所がほとんどです。20代後半で30までに時間がない女性には効率的な方法と言えるでしょう。

女性モデル ウェディングバナー

 

未分類

30代男性が求める結婚相手とは


もし貴女が30代になってしまってでも余り年下はね、と考えた時同年代の男性を探すことになるでしょう。
それでは同じ30代男性はどのような結婚相手を探しているのでしょうか。
男女の考え方の違いがはっきり出てきますので知っておいて損はありません。

貴女の競争相手は若い女性である

30代で年収のある男性は理想が高い可能性が高いです。
女性を養えるほど稼いでいる場合女性の年収は関係ない訳ですから単純に若い女性に流れがちです。
つまり20代の女性と30代の女性が戦わなければなりません。

男性は年収で、女性は若さで測れる

男性の年収50万円が女性の年齢1才に当たる、という説を出した人がいます。
例えば28歳の女性が男性に求める理想の年収が600万円だったとしてと30歳の女性であれば500万で妥協しなければ、ということです。
自分が相手の年収を測るように、相手もこちらの若さを見ているのです。

ネット婚活では年齢や年収で検索できる!

恐ろしいことにネット婚活では条件検索が付いていることがほとんどです。
つまり男性は「20代 未婚」な女性を探し女性は「年収 600万以上」で検索しています。
すると会って見れば相性がいいはずの運命の人も足切りで出会えないことが起こります。
ですから足切りに合わないよう20代のうちに婚活を始める意味があるのです。

女性モデル ウェディングバナー

 

未分類

20代前半で婚活、あり?


アラサーになって婚活するのは当たり前、では20代前半から婚活するとどうなのか。理想の結婚のためには早めの準備が大切です。

女性ははっきり有利!

ある調査によると女性が結婚相手に求める年収は680万円と言われています。一方野村総合研究所の調査では20〜49歳までの未婚男性で年収500万〜700万円の男性はわずか4.9%。400〜500万円でも8.4%しかいません。つまり女性が専業主婦としてやっていけるほどの年収を持っている未婚男性は20人に1人しかいない、という衝撃的な結果が出ています。年収400万円未満の男性が80%と大多数を占めているのが現実です。

高年収の未婚男性はモテモテ、どんどん結婚していくという現実の前に女性の場合若さが武器になります。同じ条件の男性がいたら年収が高いほうが良いように男性も同じ条件なら若い女性を選ぶ。これははっきりしています。

若い男性は共働きOKな女性を探そう

女性が680万円を期待している中で80%を占める年収400万円未満の男性はどうしたらよいでしょうか。年上で年収もある男性と競争するのは不利です。

この680万円が何かと考えた時に女性が専業主婦としてやっていける年収、つまり男性の年収400万円に女性の年収150万円の550万円にちょっと足した感じ、というのが正解です。これは最初から無理なので共働きで一緒に過程を築きましょう、という女性を探していくのが良いでしょう。具体的には「結婚したら仕事をやめろと言わない」という都会的な女性は沢山いるものです。

女性モデル ウェディングバナー

 

未分類

東京と地方、異なる結婚意識


20代後半、ようやく仕事もできるようになってお金にも余裕が出来て遊びたい時期ではないでしょうか。ところが実家に帰ると結婚を急かされたりお見合い話を出されたり…その原因は東京と地方で結婚に対する意識が異なる事情にあります。

帰省すると結婚を急かされる?

ほっとしに実家へ帰ったはずが結婚はまだかと言われ居心地が悪くなってしまう…よく聞きます。子供が独立してしまって寂しい、早く孫が見たい、地元の同級生はもう結婚しているのに。理由はわかるけれどもなんのために東京に出てきたのか?私の思うようにさせて欲しい、そういう気持ちになるものです。どうしてこのようなスレ違いが起きてしまうのでしょうか。

地方はやっぱり結婚が早い

厚生労働省の統計によると平均初婚年齢が最も低い福島県は夫29.6歳、妻27.8歳で、一番高い東京都は夫31.9歳、妻30.1歳です。意外と差がないと思うかもしれませんが「三十路の壁」を忘れてはいけません。大雑把に言えば東京に出ている若者は結婚が30歳を超えても良い、と思っている。逆に地方では30歳までに結婚してしまおう、という意識の結果、この統計になっていると言えます。

また時代が違うことも挙げられます。1970年代は夫27妻25で結婚していました。女性では5歳も違いますから意識のギャップが生まれる要因となっています。平成の大不況、失われた20年の中で若者の雇用が不安定になり「お金がないから結婚できない」晩婚化が進んでいます。結婚して一人前、マイホームを購入してローンを返済する、という高度成長期とは時代背景が変わっています。

都会では30代・共働きが当たり前になってきた

ということで結論。東京を含む都会では30代・共働きを目指すのが一般的になってきています。リストラや子育ての不安がある中二人共正社員であることはリスク分散になりますし年収が上がらない中二人で合算することで生活水準をUPするのが合理的と言えます。

女性モデル ウェディングバナー

 

未分類

若い女性の婚活ポイント


20代から婚活を始めるメリットは、とにかくお相手の選択肢が増えること。あなたを結婚対象と見てくれている男性の年齢層が間違いなく一番広い時期です。

結婚相談所に登録している女性の多くは「20代で婚活するなんて早すぎるでしょ!30歳までには結婚出来るだろうし」と思っていた女性達が、28歳・・・29歳・・・と気がつけば結婚できないまま30代に突入し、焦って登録する事も多いため、20代の女性は本当に貴重であり、非常に多くの男性から求められるのはお分かりだと思います。

ターゲットとしては同じ年齢層で、バリバリ真面目に働いている男性でも良いでしょうし、30~40代である程度落ち着いた雰囲気を持った大人の男性でも良いでしょう。とにかく引く手数多とはこの事です。
やはり料理や家事などが出来る女性は誰から見ても魅力的です。若さにプラスして料理や家事がこなせるとなれば鬼に金棒です。

そして一番の理由は、"子供が欲しい男性は基本的に若い女性を求めている"という事です。
子供を育てるという事は非常に大変な事です。
また、高齢出産ともなると様々なリスクも出てきます。

魅力ある女性になれるよう努力すれば、特に苦労する事無くアナタの希望通りになるでしょう。

女性モデル ウェディングバナー

 

未分類

20代女性、婚活するには早すぎる?


知り合いの女性から相談されたんです。なかなか結婚が難しい時代じゃないですか。就職してすぐ、20代前半で婚活を始めたら変ですか、と。周りに言うと焦りすぎではと言われるそう。

婚活市場では女性は若いほど有利

なぜ有利か。婚活では男性なら年収、女性なら若さが大きな武器。女性の一歳は年収50万円に相当、という説もあるくらいです。
・女性20歳1000万
・女性25歳750万
・女性30歳500万
となります。実際には30代前半男性の平均年収は431万(2012)ですから100万円引いたくらいが相場でしょう。

年収に限らずお相手の選択肢が広がる

もちろんお金が目当てじゃない!という女性も多いでしょう。例えば年齢。10歳・20歳上の男性との結婚、考えられますか?あなたが30代になって慌てて婚活したとして40代、50代の男性ばかりから連絡が来てがっかり、ということも。ですから20代前半で婚活を始めるということは選択肢が多い中から選べる立場になる、ということなのです。

女性モデル ウェディングバナー

 

未分類